老人保健施設で応援ナースで働く看護師が必要な訳


 

老人保健施設の場合、看護師は本来の看護師としての業務はバイタルチェックや服薬管理が主で、他は介護、サポートとなります。

 

また高齢者の容体が急変した場合は、状況を判断し臨機応変に動かなければなりません。特に夜間の場合は、医師が不在で看護師一人で勤務ということも当たり前ですから、与えられる責任が大きく負担にもなります。

 

 

そのため、看護師としての経験値がないと厳しいですし、本来の看護師の業務以外の介護なども行わないといけないです。

 

 

そのような条件から、老人保健施設で働きたい看護師が少ないようです。

さらに老人保健施設の他、特別養護老人ホームや療養病院もありますし、高齢化の影響で施設数が増えていますから、看護師の絶対数が必要となってきます。

 

その看護師不足を補うために、応援ナースが必要となるようです。

 

 

 

応援ナースの場合、6ヶ月という短期での契約ですし、高収入なので、老人保健施設未経験者でも希望する方がいるそうです。

 

特に、都会の大病院でバリバリ働き過ぎて疲れてしまった方や、少しのんびり働きたい方が選ぶようです。そういう忙しい病院での看護師業務に比べたら、精神的のも肉体的にも、少し余裕をもって取り組める職種のようです。

 

 

私の場合は、ナースパワーの担当者の紹介ですが、老人患者の多い病院勤務経験がある方にもおすすめです。

お年寄りと接するの大好き、という方にもおすすめです。

 

入居している高齢者といかに良好な関係を築けるかが、大きなポイントになる気がします。

 

 

 

もし、応援ナースとして老人保健施設勤務希望で、基本的な看護師業務(バイタルチェックや服薬管理、夜中の急変などの対応)が不十分だったり、介護業務に積極的になれないようですと、看護師以外の専門職の方々と協力して業務を遂行していくのが難しくなりますし、仕事自体が苦痛になる可能性が大きいです。

 

 

応援ナースとして老人施設を希望する場合は、このように看護師以外の業務も積極的に行えるかどうか、よく考えてみる必要があります。

応援ナースとして老人保健施設で働く


 

老人保健施設とは、要介護の高齢者が、自立することを支援する施設です。

施設から自宅に戻っても、日常生活を送れるように専門スタッフ(医師や看護師、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、支援相談員、ケアマネージャーなど)が専門的なケアを行います。

 

その中での看護師の役割は、バイタルチェックや服薬管理、健康状態のチェックなどがありますが、他に、介護業務があります。

介護士と連携して、食事や入浴、トイレの介護も行います。

 

自宅に戻って日常生活を送れるようにすることが目的なので、ただの介護ではなく、自立できるよう促す介護が必要です。

 

 

またリハビリが必要な場合は、看護師もそのサポートもしますし、メンタル的なフォローも行うことがあります。

 

 

 

老人保健施設での看護師の役割は、通常の病院での看護師の仕事とは少し異なります。

そのため、看護師としては物足りなく感じる人もいるでしょうし、逆に本来の看護師以外の業務が負担に感じる人も多いと思います。

 

しかし私にとっては、働き心地も良く、働き甲斐のある職場となりました。

 

 

私が以前働いていた個人病院は、患者のほとんどが近所の老人でした。それこそ、老人ホームのような状態で、トイレの介護もしたし、話を聞いてあげながらメンタル面のフォローもしていました。

 

意外にも今までの3年間の経験が活かせたのです。

 

 

ナースパワーの担当者さんが、私の今までの3年間の経験を詳しく聞いてくれて、その上で老人介護施設での仕事を紹介してくれたのです。

 

実際に業務に就いてから、ナースパワーの担当者の働きを感じることができて、心底感謝の気持ちでいっぱいとなりました。

 

 

もし札幌などの総合病院や規模の大きい民間病院に紹介されていたら、きっとついていけなかったと思います。スペシャリストナースなんて言えないし、そもそも採用もされなかったでしょう。

 

 

 

でも、紹介された老人保健施設ではすぐに馴染むことができました。

高齢者と接することに慣れていた、というのが一番大きかったです。高齢者と接することも嫌いではなかったですし、むしろ好きでした。

 

老人患者の毎回同じような昔話に付き合うのも、それほど苦痛でもなかったので、私にはこういう高齢者相手の仕事が性にあっていたのでしょうね。

 

 

そこをナースパワーの担当者は、ただの勤務経験ではなく、適正として見極めてくれたんだと思います。

応援ナースの待遇・給与


 

応援ナースの待遇と給与は信じられないほど良いものです。

 

(1).応援期間は3ヶ月~相談可能です。

(2).赴任費用(旅費・引越し代)は病院より支給されます。

(3).諸設備付きアパート完備で身軽に赴任できます。

(4).最短2週間で入居可能です。

(5).即戦力看護師のため極めて高収入です。

看護師    給料:約45万円~50万円(夜勤手当込み)

准看護師 給料:約37万~40万円(夜勤手当込み)

 

 

この待遇面については、ナースパワーの都市圏応援ナースに共通のものらしいです。

 

北海道で、この待遇は本当にありえません。中にはあると思いますが、私の身近なところでは皆無でした。

 

しかも、高収入というだけでなく、赴任費用が病院より支給されたり、アパートを用意してもらえたり、至れり尽くせりで、逆に大丈夫なのかな?と心配になるくらいでした。

 

さらに私が行くことになった老人保健施設は、アパート代が無料だったのです。場所によっては1~2.5万円くらい実費負担と言われていたので、無料はうれしすぎました。

 

 

この待遇を聞いた時点で、「これなら1年働けば、奨学金を全額精算できる」と皮算用したことを覚えています。

 

 

ただし、この高待遇は、スペシャリストナースとして即戦力で活躍できる人材だからこそ。その点にずっと不安を感じていたのは事実です。

特に、一般の病院ではなく、老人保健施設だったので、今までの看護師としての経験がどう生かせるのか、またどういう業務を行うのか、分からないままに転職を決めてしまったのです。

  • ライブドアブログ